Takahiro Design

アラサー男のマニアックな趣味について考えるブログ

MENU

【安全】台所の包丁収納カバーを付け替えたまとめ

台所の扉の内側にある「包丁収納カバー」を付け替えました。

安くて簡単なのでオススメです。

 

今回は包丁収納カバー付け替えの手順を解説します。

 

賃貸の台所の包丁差し

賃貸の初期装備では、このように包丁が剥き出しになってしまいます。

f:id:takahiro-design:20200517121053j:image

 

このままでは指を切ってしまう可能性があり、とても危ないので、包丁収納カバーを付け替えることにしました。

 

カバーの付いた安全な包丁差し

f:id:takahiro-design:20200517121110j:image

レックの包丁差しスリム。

イオンで税抜き548円でした。

Amazonでは429円でしたが、すぐに欲しかったのでイオンで見かけたらすぐに購入。

 

 

取り付け方法

取り付け方法は簡単です。

 

必要なもの
  • 包丁差しカバー(包丁差しスリム 548円)
  • プラスドライバー ※既存のネジを外すのと、取り付け用
  • やる気

 

f:id:takahiro-design:20200517121302j:image

 

①既存の収納を外します。

ドライバーで左右のネジを外すと簡単に取り外せました。

外したついでに汚れを落としておくと気持ちが良いです。

 

f:id:takahiro-design:20200517121520j:image

②枠を取り付けます。

付属の木ネジで3箇所止めます。

 

f:id:takahiro-design:20200517121603j:image

③カバーを被せて完成です。

5分もかかりませんでした。

 

 

f:id:takahiro-design:20200517121835j:image

包丁もこの通り安全に収納できました。

 

安く簡単に取り替えられるので、オススメです!

私は賃貸を引っ越すたびに取り替えております。

 

感想

我が家では猫を飼っており、困ったことに扉を開けるたびに中へ入ろうとしたがります。。

もしもの事があっても遅く、剥き出しの包丁は自分も危ないかもしれないので、カバー付きのものへ交換する事を強くオススメ致します。

 

※実は1度自分の手をぶつけて指を少し切ってしまったので……皆さんもご注意ください。