Takahiro Design

広くて浅い趣味についてのブログ。少しでもお役に立てば幸いです。

引っ越しでふるさと納税の控除が不適用になったので税務署に行く件

f:id:takahiro-design:20190520130033j:image

 

ふるさと納税をしたら、税金の控除があるのですが、
1月1日より前の年末に引っ越し(他の市町村へ住民票の移動)をしてしまったため、ワンストップ特例が不適用(これでは税金が安くならない!)となりました。

 

 

ふるさと納税制度ワンストップ特例は前の住所で申請していましたので、引越し後の1月1日に住んでいる市町村で新たに確定申告が必要になりました。

 

 

自分で確定申告なんてやったことが無いので、手順を税務署に電話で聞いてみたところ、いくつか書類をまとめて税務署に持ってきてくれたら1時間ほどで手続きできるとのこと。

 

税務署手続きに必要なもの

僕は会社勤めなので、

・会社からもらった「源泉徴収の紙」と、

・ふるさと納税した「寄付金受領証明書」

・顔写真付きの「マイナンバーカード」

・返戻金を振り込む銀行の「口座番号」と、

・その口座の認め印「印鑑」

があれば手続きできるようです。

 


問題は税務署が平日の日中しか営業していないこと。
今の時代、住民票くらいならマイナンバーカードでコンビニで印刷できるようになったのですから、税務関係もコンビニでできれば楽なんですけどね。