Takahiro Design

広くて浅い趣味についてのブログ。少しでもお役に立てば幸いです。

西野亮廣さん「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」感想

f:id:kakovice:20171007223916j:image

 

西野亮廣さんの「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」を読みました。

 

服装については過去記事参照のところで買いました。

 

内容と感想をざっくりと説明したいと思います。

 

内容

いつの時代も環境に合わせて適応出来たものが生き残っていた。

現代ではインターネットやロボットなど沢山の技術の発展で時代は日々進化している。

そんな新しい時代では、ストレスのかかる仕事からロボット化されていき、いずれは好きなことでしか生きていけなくなるだろう。

つまり、現代の環境に適応するため、常識のアップデートを止めてはいけないのだ。

 

革命のファンファーレでは西野さんがどのような方法で現代に適合すれば良いのかを体験談や実例を交えて説明してくれている。

 

この本を読んだら間違いなく熱くなれるだろう。この先の時代は覚悟を持ち、論理的に考え、素早い行動力が必要だ。

 

 

感想

オンラインサロンやブログで西野さんがいままでに言ってきたことを綺麗にまとめた一冊でした。

 

 帯に書かれているSHOWROOM前田裕二さんのコメント

固執するものは滅び、適応するものは繁栄する。これは「信用」の時代に日本一適応した西野亮廣が示す、生き残るための実践書だ。」

が的確に本の内容を表していると思います。

 

絵本を無料公開することで売上が上がることの証明や、無料化が進み、実力が可視化されさらなる実力社会へなることなど、言われてみれば確かにと思いました。

今まで見落としていた事実を突きつけられると、今までいかに自分が時代についていけていなかったか(流されていたのか)を実感します。

 

インターネットには国境がないので、イラストレーターさんは海外の人材との戦いになってきています。

本を売ることのライバルは別の作家ではなく、娯楽という広い目で見るとスマホSNSが本当のライバルであって、近しい同業の作家などは一丸となって助け合わなければ他の業界には勝てなくなっていきます。

このような物事を広い目で見ると別の見え方が出来るというのは、なかなか気が付かないものなので、これからは注意して物事の本質を見極めようと思いました。

 

本を買いたくなるきっかけづくりの話も面白いです。

キャバクラのお酒のように、直接売ってくれた人へ利益が還元されるのであれば喜んで買ってくれます。

スナック化の重要性や老人力(助けてもらえる力)については、僕もいずれは必要になるので、年を取れば取るほど強くなる能力とは何かを考え、今からでも少しずつ身につけていきたいと思います。

 

 

「全ての信用はお金化することが出来る。あとは両替機を用意するだけだ」

 

しるし書店によって「読書家」という職業が生まれたらいよいよ「好きなことでしか生きられない時代」です。

YouTuberが大人気になった時点ですでに半分始まっていると思いますが、全ての「趣味」や「楽しみ」がそのまま職業になる時代が来たということですね。

 

 

僕も、日々移り変わる時代に適応するために、常識のアップデートと論理的な思考、覚悟ある挑戦を忘れずに行動していきたいと思います。