Takahiro Design

広くて浅い趣味についてのブログ。少しでもお役に立てば幸いです。

”意志力”を理解すれば、誰でも達成可能な目標を立てられる!

新年あけましておめでとうございます。

2018年になりましたね。みなさんは今年の目標は考えましたでしょうか。

目標を立てるにあたり、自分の意志力について考えておくと目標が達成しやすくなります。

意志力ってなに?

何かをやり遂げるには意志の力が必要です。

意志力とは、途中で投げ出さず、目標を完遂するためにやり遂げる力のことです。

人の年収や人生の満足度とも高い相関性があるそうですよ。

出展:人生の成功に必要なものは「知識」ではなく“アレ”だった『成功する子 失敗する子』

 

意志力が続かないのは、当然なんです。

そんな人生に必要不可欠な力なのですが、日常生活の中ではなかなか意志力が続かないことが多くあります。

・痩せたいのにコンビニでお菓子を買ってしまった

・貯金をしたいのに新作の服を買ってしまう

・運動習慣を身に着けたいけど、ついゴロゴロしてしまう

 

これらは近代になって生まれた欲望なので、人間本来の本能と大きく離れてしまっております。

人間の本能に刻まれているのは狩猟採集生活だったころの生存本能がベースです。

 

それは、”種の存続につながる生存本能”(子孫繁栄など)や、”健康であること”(自分の生存率を上げる)です。

 

達成するための具体的な目標の立て方

では、どのような目標が良いのかといいますと、パレオな男さんでは「脳のデザインに沿って目標を決めたらどうよ?」と言っております。

 

先ほどの狩猟採集生活だったころの”種の存続に繋がる生存本能”をベースに。つまり、家族や共同体などのコミュニティーで役に立つ場面こそが意志力を発揮しやすいのではないかとのことです。

言い換えると「人のためになるかどうか」と「人に感謝すること」ですね。

”利己的な目標”を、親切心と感謝を絡めて”他人本位の目標”に変えて考えると、目標達成しやすいと思われます。

 

つまり、「(自分のために)痩せたい!」とただ思うよりも、「痩せて家族の心配を減らしたい!」と考えた方が脳的にモチベーションが続きます。

 

お金を貯めたい人は、建前でもいいので、「お金を貯めて両親に旅行をプレゼントするんだ」とか、「結婚する友人へサプライズプレゼントをあげて喜ぶ顔が見たい」などでしょうか。

 

人の役に立つ行いをすると、自尊心が高まって、こころも豊かになるそうです。

出展:人の役に立つと、自分のこころも安定する

 

 

僕の場合、副業を始めて収入を安定させることが目標です。

これを人のための目標にするには、「収入を安定させて残業を減らし、時間を自由に使えるようにして家族の時間を作る」とか、「副収入で甥っ子にプレゼントをあげる」とか、「副業で儲けて本業を辞めて、親の仕事を手伝う」などでしょうか。

 

家族といっても僕は独身なんですけどね(笑)