Takahiro Design

広くて浅い趣味についてのブログ。少しでもお役に立てば幸いです。

【狩猟】忍び猟に行ってきました

2018年2月25日(日曜日)

久しぶりの忍び猟
朝、用事を済ませてから向かったので、山に着いたのは昼の12時頃でした。
近くに水場のあるコースで、何度か鹿を目撃しているスポットです。

林道には1Mほどになるだろうか、雪が深く積もっており、目先にある古い足跡の積雪の具合から、数日は人が山へ入っていないことがわかった。
雪に沈まぬようスノーシューを履き、手には新しく用意した、最大2Mまで伸びる登山兼射撃用のステッキを装備。
 
 
30分ほど歩いた所で、進行方向右手側の、川を挟んだ向かいの山に気配を感じました。
木々の間に目を凝らすと、崖の上、山の斜面中腹あたりに食事中だろうか雌の蝦夷鹿を発見しました。
ちょうど南からの日差しをのんびり浴びており、まだこちらに気がついておりません。
 
鹿に気が付かれる前に発見するのは久しぶりで、緊張で鼓動が早まるのを感じます。
 
距離およそ140メートル。
木の枝が邪魔なので少し歩き、先日購入した狩猟用の杖を使い狙いを定めます。


付近にもう一頭雌を発見。狙いやすい方へ発砲。 着弾し、崩れ落ちます。
やや見上げる形でしたが、杖のお陰で安定してとても狙いやすいです。
 
谷に発砲音が反響しますが、もう一頭は頭を上げるばかりで逃げる様子がありません。
音の反響のせいでこちらの位置がわからないようで、明後日の方向を見て固まっています。
仲間が谷を転がり落ちるのを眺めている鹿も続けざまに狙い、発泡。こちらはヘッドショット。


弾は後頭部の頸椎から入り下顎へと抜けました。
こちらも20M程の谷底(川)へ転がり落ちます。


※少しグロ注意、血がついてます※



 
写真の1番上の林にいました。

かなりの斜面なので、着弾後は斜面を下へ転がり落ち、氷の柱にぶつかりながら川へ落下しました。
写真左下に二箇所鹿の落ちた跡があります。
 
崖は20メートル程の高さがあり、思いっきり埋まってます。川に積もる雪から足だけ出てました。
なんとか引っ張り出せました。途中氷の柱(写真で血のついているところ)にぶつかって一部の骨が折れてました。
川の上での解体は危ないので、引っ張って広い場所まで移動します。
※解体写真はとてもグロテスクなので割愛します。
内蔵を抜き、枝肉にバラし始めると近くにいた鳥たちが増えて来ます。
 
 
途中1頭目の前足からこんな弾が出てきました。
胴体を貫通した後、たまたま前足の骨に挟まって止まっていたようです。
すごい偶然です。
 
 
レミントンのサボットスラグ弾(一発弾)は1発約700円です。
高いですね。
 
解体終了、かなりの時間が経ちました。
枝肉などリュックに詰めて車へ戻ります。
 




帰宅後はお肉をクーラーボックスに入れて一晩寝かせます。死後硬直させるためです。(10~20時間程で死後硬直が始まる)
生き物のお肉は、死後硬直させてから精肉にしましょう。
死後硬直前に骨から外してしまうと、お肉が縮んでしまいます。
死後硬直前に冷凍してしまうと、解凍後の料理中に死後硬直が起き、肉汁が流れ出てしまいます。



こちらが筋などを外した背ロースです。(この後ミンチにしました)
 
 
生肉は一つづつジップロックに入れて冷凍庫へ。
最近真空調理(低温調理)にハマっているので、何を作ろうか今から楽しみです。